2018/02/13.Tue

1年。

ももが亡くなって一年。



あっという間やった。

ももがいない春、
ももがいない夏、
ももがいない秋、
ももが居なくなった冬
季節を感じるごとに悲しい想いになった。

ももが居なかったら こんなに季節を感じて生きてなかったと思う。
寒い、暑い、暖かいだけで過ごしてた、きっと。

もうイヌフグリが咲いてる

どっかから金木犀の匂いがする

星座が大きくなったな

たくさんの大事なものも教えてくれて
優しい気持ちも教えてくれて

床に寝そべってるだけで、ソファでヘソ天になってるだけで、
隣に居てくれるだけで、そのサラサラの毛を撫でるだけで
癒されてた

ももがワクワクすることを考えるだけで、
喜ぶ顔を思い浮かべるだけで私がワクワクしてた

一生かけてたくさんのものくれたね

ももが亡くなる時「ありがとう」と言えた
倒れた時 そのまま逝っててもおかしくなかったと思う 
後悔させないようにと看病をさせてくれた
それどころか、
誤診じゃない?と思わせてくれるほど元気になって お散歩も行けた 

倒れたあの日あのまま逝ってたら 後悔の嵐やったと思う
今もまだ立ち直れてないと思う
もう2度と犬を迎えまいと心を閉ざしたかも
それくらい大きな大きな存在でした
無くして気づいた存在の大きさ

ももはうちに来てしあわせやったかな?
いやなこともあったと思うけど、楽しかったが上回ってたらうれしいな

ももと過ごした時間は私の宝物です
楽しかった日々も
最後の29日間も
この先もずっと


親友からのお花
1年間欠かさず月命日にお花を贈ってくれました
ももが闘病中も助けてくれました
たくさんの感謝とともにありがとう


妹から
このお店のお花好きです
一年前にもここのをくれて、
その時のことをお店の方が覚えてくださってたみたいです
同じ感じに作ってくださったと。
うれしいです、ありがとう


クロママさんから花珠さんのお花
クロちゃんが大変な時なのに
わざわざお店まで頼みに行ってくださったそう
ももの1年を覚えてくれててありがとう
リハビリで脚の機能は少しづつ回復してるけど、油断は出来ないそう
クロちゃんがご機嫌さんに過ごせる時間が少しでも長くなりますように。。

もものことを覚えてくださってるだけで嬉しいです。


もも 忘れてへんよ
生まれてきてくれてありがとう
私のところに来てくれてありがとう
また来てもいいんやで

スポンサーサイト
もも日記 | Comments(2) | Trackback(0)
2018/01/28.Sun

昨年の今日は最後のトリミングの日。

フェイスブックの『過去の思い出を振り返ってみましょう』機能に
ヤラレる日々を送っとります。
FB見ると嫌でも目に入ってきますものね。
「出さない」を選べるボタンがあったらいいのに。

去年の今日は、ももの最後のトリミングの日でした。→最後のトリミングの日
最後になるとは思ってなかったです。
病気がわかってからも、嘘みたいに元気だったから。
でも、主治医の先生に許可を取った時、「やるなら今です」
と言われました。

心臓原発の血管肉腫はほんとにいつ何が起きてもおかしくないからです。
今 元気でも、その時は明日かも、明後日かも、数時間後かも。

そんな病気のももをトリミングしてくださるのかお店に相談させて頂いたら、
快諾してくださいました。
「もしトリミング中に何かあっても保証はしませんけど、よろしかったら」と
言われてもおかしくない病状のももを「大丈夫、大丈夫」と。

お願い出来たのは今までも高齢のももに負担が少ないように色々と
考えてくださりながらシャンプーしてくださっていたからです。

当日行くと、本店のオーナーさんが来てくださっていて、
ももの体調見ながらします、と。
その役のために来てん、と。
思い出しただけでも泣ける。

悲しくてじゃなく、嬉しくて。
たくさんの人にもも大事にしてもらってたなぁ~と思って。
1年経ってよりそう想います。
私の大事な大事なももをみんなに大事にしてもらってた。


写真は2016年9月16日のです。
私のお迎え待ちのももさん

負担にならないように少しでも早く、でも体調、顔色、舌の色を見てくださりながらの
トリミングは大変だったと思います。
そのおかげでサラサラぴかぴかの毛並みのままお空へ送り出せました

Princess Fantasyのオーナー様、本店長様、今でもあの時と同じくらい感謝しています。
最後のもものトリミングを覚えていてくださっているだけでもうれしいのに、
「トリマーとして宝物」なんて言ってくださった桂店の店長(トリマーのお姉さん)、
言葉にできないくらい嬉しいです。
ありがとうございました

fc2blog_20170608221352111.jpg
これからもミルクをよろしくお願いします

ももミルク | Comments(0) | Trackback(0)
2018/01/23.Tue

「大丈夫」

『大丈夫』

いつからか、この言葉が胸にくるようになった。

色んな『大丈夫』がある

励ます「大丈夫」
安心させる「大丈夫」
力づける「大丈夫」
無責任な「大丈夫」
自分に言い聞かせる「大丈夫」
つよがりの「大丈夫」

たくさんの「大丈夫」を言ってきた。

迷う人に背中を押す「大丈夫」
この一言で助けられると思って言った「大丈夫」
落ち込む人を力づけられればと言った「大丈夫」
病に伏せて不安に思ってる家族に安心できるよう言った「大丈夫」


ももやミルクに言ってきた「大丈夫」

自分のシッポふりふりで後ろのビニール袋がパサパサいって
びっくりしたももに言った「大丈夫」

いつもは見えない場所にある風呂桶が裏返って見えただけで
激吠えするももに言った「大丈夫」

夜のお散歩でよそんちの白いゴミ箱が浮かんで見えて
激吠えしたももに言った「大丈夫」

信号待ちで止まった時に丁度目の高さにあった選挙ポスターに
向かって激吠えしたももに言った「大丈夫」

お散歩中食べ物屋さんの前にある信楽焼のたぬきに
激吠えするももに言った「大丈夫」

神経質なももがとまどってる時に言った「大丈夫」

小さなわんこにわんわん吠えられて私の後ろに隠れる
ももに言った「大丈夫」

うちに来て間もないのに乳腺にできたしこりを取る手術をして
不安だらけのミルクに言った「大丈夫」

うちで初めてお散歩後の足を洗う時、固まったミルクに言った「大丈夫」

遊ぼーってお友達に誘われて押され気味で迷惑顔のミルクに言う
「大丈夫」

カミナリに向かってわんわん言うミルクに言う「大丈夫」

病院でレントゲン室に連れていかれる時、不安な顔でこっちを見る
ももミルクに言った「大丈夫」

「大丈夫」ってすごい
「大丈夫」って重い言葉。


忘れられない「大丈夫」が2つある

ひとつは、
危篤の連絡を受け駆け付けた病院で、父が旅立つ瞬間
安心させるために妹が言った「大丈夫」

もうひとつは、
一人でお空へ旅立つももに安心していけるよう耳元で言った「大丈夫」

IMG_3537.jpg
安心できたかな

fc2blog_20171014235056108.jpg
安心させてあげられてるかな

「大丈夫」ってすごい
でも、重い言葉。
ひとりごと | Comments(0) | Trackback(0)
2018/01/21.Sun

爪から血。

今日はめずらしく歩いてお散歩


いつもの河原まで。


妹と私の間を楽しそうに何往復もダッシュ


実はおやつで釣ってました(#^.^#)

ふと自分のジーンズ見たら血がついてる。
ん?なんで?


と ミルクを見ると足先から血が。


爪からでした。
思い当たるのは、行きしなアスファルトの道で一回躓いた時。
ほな 河原来る前に負傷してたんやん
本人は全く気にしてないし、触っても痛がらない。
でも芝生を見るとミルクの歩いた後にずっと血痕が!


ばい菌が入ってもイヤなので応急処置
お婆ちゃんだから過保護気味です


子連れの妹のカバンからは何でも出てくる


帰り道、アスファルトの上で下ろしたら
普通に歩いた。
しばらく血が出てましたが、
今は自分で舐め取ったのか完全に血は止まってます。

1205.jpg 1209.jpg
ももも同じことあったなぁ~
2008年7月7日琵琶湖にて。



ミルク | Comments(0) | Trackback(0)
2018/01/19.Fri

トリミングデー♪

今日は今年初めてのミルク氏のトリミングデー

 
ピンク色のリボンで帰ってきました。
いつもは車から降りて家に入るまでに
リボンの先を踏んづけてしまってほどけるのですが、
今日はずっとリボンミルクさんでした
短めカットですがサラサラです
いつもありがとうございます(*´∀`人 ♪


今日は私の誕生日でした。


妹と甥っ子が祝ってくれた。
昨年と同じくお寿司とってくれて(^^)


去年はももと一緒だったなぁ~
倒れた3日後。
血管肉腫と診断されてたけど、誤診じゃないの?
と思いくらい元気だったな。
来年も一緒に、と微かな望みがこの頃は心のどこかにあった。
思い出の誕生日となりました。


そのもも(とミルク)に嬉しい贈り物が🎁


トリマーのお姉さんが
長く来てくださってるお客様に何かお返しをしたいと
手作りのハーバリウムを。

お世話になっているのはこちらの方で、キレイにしてくださる
だけでも毎回感謝なのに。。。


もものイメージを想って作ってくださったそう。。
ほんと、もものイメージそのもので、
タグの裏を見たときは泣きそうになりました


もものこと覚えててくださってありがとうございます。

ももミルク | Comments(5) | Trackback(0)
 | HOME | Next »