2017/02/18.Sat

最期の日


2月13日AM0時過ぎ
なかなか落ち着いて寝れない感じだったので、トイレかな?と思いお外へ。
しばらく待ったけど起き上がりそうにないから家の中へ。


横になって寝たそうだったのでキャリッジから下ろしましたが、
血胸が溜まって肺が押し潰されているので、横になる方が
息をするのが苦しいです。
しんどそうなので酸素室をももの上からかぶせました。
ちょっとでも楽になるかなと思って。
下の隙間から手を入れて体を撫でてたけど、ビニール越しが
嫌そうだったので、はずしてももの呼吸に合わせ撫で撫で。


お昼頃、オシッコはこのアシスタントバンド付でしたが自分でしました。
その後、トコトコ裏へ行こうとするので、裏まで無理だろうなと
思いながらも歩かせてあげるとやっぱり途中でダウン。

キャリッジに乗せてお外を見せてあげました。
おうちの中ばっかりやったらつまらんもんね。
動きのない裏より、人が通ったりする方がいいかと思って玄関で。


ぼんやり眺めてました

この時も動いたから息は上がったけど時間が経てば治ってました。

夕方から口呼吸になり呼吸がどんどんしんどそうになります。
助けを求めるように私の目を見ますが、
「しんどいなぁ」と言いながら撫でてやるしか出来ない。

ももは心膜が破れて心膜内に溜まる血が胸に出てきて血胸になりました。
なので、心囊液が溜まって心臓の動きを悪くすることはなくなりましたが、
血胸が肺を圧迫して呼吸が苦しくなります。

腹水は溜まるとどんどんお腹が膨れますが、胸水は肋骨があるので
それ以上膨らめないので肺を圧迫します。

先生は、たとえ命があと1日2日とわかっても、息が苦しいのは
血を抜けば楽になるのでしてあげた方がいいって仰っていました。

病院に行くか迷い電話すると、連れて来てくださいって。

病院に行く用意をしてると、ももがすごい顔で怒ってます。
もう私が上着を着ると、車を乗る準備をすると
「病院」だと思わせてしまってた。
何回もももの前を通って色々用意するんだけど、怒ってます。

こんなにしんどいのに、こんなに嫌って言ってる。
こんなにしんどくて、こんなに怒ってるももを、更にしんどい思いをさせて
車に乗せ、イヤと思ってる病院に連れて行くのはもうどうなのかと思ってきた。

すごくしんどそうだけど、今日はやめとくか…

「行かんとこっか」
「な、行かんとこっか」
ってももに聞いてみた。
まだ怒ってます。

「やめよっか!行かんとくか!」
と言うと少し表情が変わりました。

今日は行かないと病院へ電話。

数十分後、亡くなりました。

病院行かなくてよかった。。。
ももが怒ってくれてよかった。。。
やめさせてくれてよかった。。。

まさかこの日に亡くなるとは思いませんでした。

1月16日に突然倒れ、おそらく心臓原発の血管肉腫と診断され、
この時点で余命は2、3ヶ月、もっても半年と言われました。

胸水(もものは血胸)が溜まるまでは誤診じゃないかと思うくらい
元気でした。

2月10日の午後から徐々に容態は悪くなり、12日にはこのまま
貧血が進むと後1週間と宣告されました。

まさかの次の日。

もものしんどい症状は、病院の先生の力を借りないと緩和できませんでした。
嫌いな病院で何回もレントゲンやエコー、胸穿刺。
ももよく頑張ってくれました。


えらかったよ、もも
ねえちゃん自慢の娘やよ

スポンサーサイト
もも日記 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
診断、宣告、闘病、通院…
本当にあっという間の出来事で
その時その時の対応に追われて
残された時間をどう過ごしていくか
考える暇もなかったよね。。

そんな中でも、ももも姉ちゃんも
本当によく頑張ったよ。

同じ病気で姉ちゃんやももと
同じ想いをしている
ワンちゃんと飼い主さんの為に
力になってあげて欲しいと願います。
いもうとへ。

ほんま、あっという間やった。
ゴルやからガンは避けられないかと思ってたけど、
もしももが余命宣告されたら、好きな水遊びができる
ところで過ごそうと思ってた。
夏なら琵琶湖、冬なら温水プールのあるワフ。
まさか心臓にとは。。倒れるとは。。
こんなに早いとは。。。

旦那さんの仕事先の人の言葉にちょっと救われた。

心臓原発の血管肉腫はめずらしいらしいから
それで検索してうちにたどり着かはった人のためにも
役に立ったこととか書き残そうと思う。

管理者のみに表示