G・レトリバーももとM・ダックスのミルクののほほ~んな日々


夕方、アメコカのルーク君とルーク君ママがお花を持ってきてくださった。
「知らなくてごめんね」って。
ごめんね、なんて全然です。
病気がわかってから、体に良いクッキーを持って来てくださいました。
クッキーもも全部食べました+゚。*(*´∀`*)*。゚+

昨日はつくよも母さんが私に差し入れを持って来てくださいました。

皆様ありがとうございます


朝、ミルクと河原へ
午前中のお日さんにあたるだけで免疫力上がるらしいですね。
風が吹いたり時々太陽が雲に隠れると寒かったですが、
それがなかったらポカポカでした


向こうに見えるのは比叡山
その手前に西京極競技場

この景色をももと13年間見てきたんやなぁ~とシミジミ…

13年

よく大きな病気もせず、13年間きてくれたと思います。
ここにきて血管肉腫という大病中の大病ですが、
13年も元気できてくれた。

これには感謝しないとなぁ~

病気になってからのことばかり考えたり
最期のシーンばっかり思い出されて
ももの13年生きてきたキラキラを台無しにするとこやった。

まだ、

朝ごはんのパンを食べる時 隣りに居ないのは慣れないし

もものおよだ対策に膝にタオルを掛けなくていいのも慣れないし

パンも左手に大きく右手に小さくちぎってしまう

右のはミルクにあげて
毎日左手のを「そっか」と言いながら食べます

ミルクも、


自分がごはん食べた後、必ずしてたももの食べこぼしチェックを今もしてます

匂いも、何も、ないのがわかった瞬間立ち去るのを見ると胸がキュッとなります

でも、


ご飯前の、好きなおさるのオモチャ持って走るのは復活しました( ^ω^ )


リラックスしてお昼寝も。

少しづつ少しづつだけど、前を向いてるかな?


がんばろね。

2017.02.19 / Top↑

2月13日AM0時過ぎ
なかなか落ち着いて寝れない感じだったので、トイレかな?と思いお外へ。
しばらく待ったけど起き上がりそうにないから家の中へ。


横になって寝たそうだったのでキャリッジから下ろしましたが、
血胸が溜まって肺が押し潰されているので、横になる方が
息をするのが苦しいです。
しんどそうなので酸素室をももの上からかぶせました。
ちょっとでも楽になるかなと思って。
下の隙間から手を入れて体を撫でてたけど、ビニール越しが
嫌そうだったので、はずしてももの呼吸に合わせ撫で撫で。


お昼頃、オシッコはこのアシスタントバンド付でしたが自分でしました。
その後、トコトコ裏へ行こうとするので、裏まで無理だろうなと
思いながらも歩かせてあげるとやっぱり途中でダウン。

キャリッジに乗せてお外を見せてあげました。
おうちの中ばっかりやったらつまらんもんね。
動きのない裏より、人が通ったりする方がいいかと思って玄関で。


ぼんやり眺めてました

この時も動いたから息は上がったけど時間が経てば治ってました。

夕方から口呼吸になり呼吸がどんどんしんどそうになります。
助けを求めるように私の目を見ますが、
「しんどいなぁ」と言いながら撫でてやるしか出来ない。

ももは心膜が破れて心膜内に溜まる血が胸に出てきて血胸になりました。
なので、心囊液が溜まって心臓の動きを悪くすることはなくなりましたが、
血胸が肺を圧迫して呼吸が苦しくなります。

腹水は溜まるとどんどんお腹が膨れますが、胸水は肋骨があるので
それ以上膨らめないので肺を圧迫します。

先生は、たとえ命があと1日2日とわかっても、息が苦しいのは
血を抜けば楽になるのでしてあげた方がいいって仰っていました。

病院に行くか迷い電話すると、連れて来てくださいって。

病院に行く用意をしてると、ももがすごい顔で怒ってます。
もう私が上着を着ると、車を乗る準備をすると
「病院」だと思わせてしまってた。
何回もももの前を通って色々用意するんだけど、怒ってます。

こんなにしんどいのに、こんなに嫌って言ってる。
こんなにしんどくて、こんなに怒ってるももを、更にしんどい思いをさせて
車に乗せ、イヤと思ってる病院に連れて行くのはもうどうなのかと思ってきた。

すごくしんどそうだけど、今日はやめとくか…

「行かんとこっか」
「な、行かんとこっか」
ってももに聞いてみた。
まだ怒ってます。

「やめよっか!行かんとくか!」
と言うと少し表情が変わりました。

今日は行かないと病院へ電話。

数十分後、亡くなりました。

病院行かなくてよかった。。。
ももが怒ってくれてよかった。。。
やめさせてくれてよかった。。。

まさかこの日に亡くなるとは思いませんでした。

1月16日に突然倒れ、おそらく心臓原発の血管肉腫と診断され、
この時点で余命は2、3ヶ月、もっても半年と言われました。

胸水(もものは血胸)が溜まるまでは誤診じゃないかと思うくらい
元気でした。

2月10日の午後から徐々に容態は悪くなり、12日にはこのまま
貧血が進むと後1週間と宣告されました。

まさかの次の日。

もものしんどい症状は、病院の先生の力を借りないと緩和できませんでした。
嫌いな病院で何回もレントゲンやエコー、胸穿刺。
ももよく頑張ってくれました。


えらかったよ、もも
ねえちゃん自慢の娘やよ

2017.02.18 / Top↑

ミルク、まだももが居なくなったことを受け入れてなさそう
あの扉の向こうに居ると思ってると思います
いつか帰ってくると思ってると思います

火葬場でのミルク
ミルクがあんな風になるとは思ってもいませんでした

なんとなく理解して、ワンコなりに感じるものがあるのかと思ってました

もものカラダがある=ももがいる
だったみたい。

ももが居ない日なんて今までなかった
それを小さなカラダでいっぱい考え耐えてると思います
そんな精神状態のミルクを最優先に癒したいのに、親戚の訃報。
ももが小さくなって帰ってきた次の日にいきなり一人で車で留守番。
(ホールの警備員さんが優しい方で玄関前に停めさせてくださり、
様子をみていてくださいました)

会場が遠いのと、他の親戚の叔父叔母の送迎をしないといけなかったので、
私だけ早く帰ることも出来ず、今、心が不安定なミルクを家で長時間一人で
留守番させるよりと思って連れて行きました。

でも、告別式の日は連れて行くのは無理です。
頼めるのはめるちゃんち。
今、精神状態が不安定なミルクを預けるのはどうかなぁ~と思ってたら、



お散歩の時、
嬉しそうにめるちゃんママを追いかけた
そんな元気もなく私から離れないかと思ったら、嬉しそうに追いかけてる
今のミルクを預けられるのはやっぱりめるちゃんとこだと確信!

前日夜遅くにお願いしたにも関わらずOKしてくださいました。
寝不足続きなので、それも心配でしたが、めるちゃんちの大きなソファで
ネンネしてる写メがめるちゃんから送られてきました

すごい寛ぎよう

そんな風に過ごさせてくれる環境を作ってくださっためる家に感謝です

ましてや長時間だったのに、「申し訳ない」と送るメールの返事は
「大丈夫だから安心して安全運転で帰ってね」といつもこちらのことを
気遣った文で。。。
おかげで安心できたし、帰りのラッシュ時の運転も焦らないですみました
ありがとう

明日明後日はミルクとゆっくりしようと思ってます

ももを置き去りにした(と思ってる)私を怒ってるし
車に乗ったら いいとこ行かないと思ってるミルク
もうミルクと私 2人っきりなのに...信用を取り戻さないと!

食欲はあり過ぎる程あり過ぎます(^.^)


2017.02.17 / Top↑

ももと一緒の最後の朝ごはん。
いつも私の飲んでいるカフェオレを少しずつあげてました。
私のカフェオレは9割牛乳なんです

朝に、しじみちゃん、つばきちゃん、めるちゃんがももにお別れを言いに来てくれました。
なでなでしてもらうのが好きなももに、いっぱい褒め言葉をかけてもらいながら
いっぱいの人になでなでしてもらえて、ももも喜んでいると思います。
ありがとうございました。


お空でいっぱいボール遊びするんやで
ボール遊び用のおやつもいっぱい入れとくから、お空の友達と仲良く食べるんやで

早めに出て、ももが好きだったとこに寄りながらおしゃべり


河原
ここでいっぱい遊んだなぁ
もも ここ好きやったなぁ
何もしなくてボーッとしてるだけでもよかったもんな

次の場所、ももの好きな川へ行く前に、
前日もものお顔を見に来ようとしてくださってた、ゴル5パパさんのお店に寄り、
かわいいお顔を見てもらいました。
いいカメラでかわいく写真撮ってくださり、ブログに載せてもらえるそうです。
ありがとう


ももの好きな川やで
ももここ好きやったなぁ~
大好きやったな
いっぱい来たなぁ
行きしな、ここ目指してるって途中でわかったら、助手席でピーピー言うて
「早く!早く!」って大騒ぎやったな

また来たかったなぁ。。。


ふわふわさらさのももとほんとにほんとの最後のお別れ
もうこのさらさらの体に触れることができないんや
ずっと撫でてきたけど、まだまだ撫でたりない
もっともっとずっとずっとさらさらのももを撫でてたい

でももういかないとね

霊園さんに電話して、火葬の日を決める時、ずらせば友達が来れました。
でも、引き延ばすことは初めから考えてなくて
いくら暑がりのももでも、ももに冷たい氷やドライアイスをしたくなかったからです
そやのに、いつまでもいかんといてって思うのはあかんね

「ありがとう」と、
怖がり、ビビりのももに「大丈夫やで、大丈夫やからな」と送り出しました。
一人が怖いと思ったらだめなので私の匂いのついたハンカチを鼻先に
置きました。
安心していけるよう。。。

すぐそばにある待合室の建物へ案内されましたが、ミルクのトイレに出ました。


あ、ももや
なんでこんなになんでもかんでも愛おしいの?
もも、最期の時オシッコとうんちが少し出ました。
キレイにしてあげた後のゴミまでも愛おしい


ミルクが一声吠えてすごく引っ張るから、どこに行くんだろうと思ったら


もものとこ
え、うそ

一緒に来ていた妹に「ミルクにももが行くとこ見せた?」って聞いたら、
抱っこして顔に近づけてお別れさせたって。
ずっと見送ってたって。

グイグイ引っ張ってもっと近づこうとする

ももそこに居ると思ってるんや…
あの扉の向こうに…

帰る時も、車に乗せてリードを外したら、
めったに車から降りないのに飛び降りたからビックリ!
慌ててリードつけたらすごい勢いで走り出すから何かと思ったら、
あっちこっち走って何か探してる。

もも探してる?

一緒に来たのになんで居ないんやろ
なんでもも居いひんのに帰ろうとするやろ
そう思ってる?

天真爛漫でマイペースなミルクにももの看病中すごく救われました。
でも、その小さな体で想うことはいっぱいあったんやね。
ももが大好きやったから、そのももがしんどい時、
わざとお利口にしてくれてたんやね。
そしたらももがまた前みたい元気になって一緒に遊べるって
思ってたんやね。


ごめんなミルク
もものこと元気にしてあげられへんかった。

ミルクが頑張ってくれた分、ミルクの心が温められるよう
満たされるよう恩返しするわな。
今日から2人やけど、がんばろな
寂しいけどがんばろな


ちっちゃくなって帰ってきました。
こんな小さな箱に入るの?って思ったらもも全部連れて帰ってこれた。
よかった


手前の2つのおやつを持って、
トイプーのカイト君ママが火葬場に来てくださいました。
一目ももに会いたくて、車で40分はかかるのに、着の身着のままで、
すごい坂を大急ぎで歩いて来てくださったのに間に合いませんでした。

聞いてれば待ってもらったのに…
お互い連絡先を知りませんでした。
それなのに、車を飛ばして来てくださった。
ありがたい、ほんとにありがたい。
ももをこんなに想ってくださって。
ももはほんとに幸せ者です。


今朝もお花が届きました。
ブログでお知り合いになった、さらださん。
さらださんはご自身も血管肉腫でゴルを亡くされ、もものこの病気がわかった時に
一番にメッセージをくださり、アドバイスくださいました。
さらださんのアドバイスのおかげもあり、ももに色々してあげることができました。
その上こんなかわいいお花まで…
ももに出発前に見せられて良かったです。
ありがとうございます

親戚が亡くなり、明日明後日バタバタです。
ミルクも連れていきます。
しんみりさせてもらえない。。。

2017.02.15 / Top↑
たくさんのコメントありがとうございます。
コメントのお返事より先に更新することをお許しください。
ゆっくりお返事させていただきます。


もも、お花のいい匂いに包まれてます

今日はたくさんの方がももに会いに来てくれました


クロちゃん ももに何て言ってくれたのかな?


お弁当は妹が作ってくれました
もも、パンもおやつもいっぱいあるよ!


ももミルクがお世話になってるトリミング屋さん
オーナーさまとトリマーのお姉さんがももに会いに来てくださいました。

   
先月キレイにして頂いたおかげで、ピカピカのまま
全身もツヤツヤさらさらです
こんなにキレイなままで送り出せてとても嬉しいです
ありがとうございました

もも、明日14時にお空へかえります。

2017.02.14 / Top↑